So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の3件 | -

浅尾美和の結婚相手はサラリーマン? [スポーツ]

ビーチバレー界の妖精こと浅尾美和さんが現役引退を発表した。

引退の理由は結婚か?



浅尾美和さんは今年26歳。

アスリートとしては、確かに力の衰えが出てくる年齢だ。


しかし、その実力以上に浅尾美和さんの人気はビーチバレー界にとってはなくてはならない存在だ。

まだ引退は早すぎるのでは?との声も聞こえてくる。

浅尾美和さんも、ビーチバレー界における自分の存在価値・役割を自覚していたに違いない。



しかし、そんな彼女に引退を決意させたのは、やはり結婚ではなかろうか?

浅尾美和さんの結婚相手は、まだ公表されてはいない。

が、サラリーマンをしている30代の一般男性だと噂されている。

人気アスリートの結婚相手が一般サラリーマンとは、少し意外な感じもする(というか、ぶっちゃけ期待外れというところか?)が、しかし、浅尾美和さん本人にとっては〝大切な人〟なのだ。






すでに、良く知られていることであるが、浅尾美和さんの家庭事情は複雑だ。

彼女がまだ5歳くらいの時に、実の母家を出た

出て行った先は、なんとオウム

そう

浅尾美和さんの実の母はオウムの出家信者となったのだ。


その後、母と父は離婚。

浅尾美和さんは、もちろん父と一緒に暮らすことになる。

やがて、父親は別の女性と再婚。

そして、浅尾美和さんは継母を「お母さん」と呼び、本当の母娘のように接していたという。



しかし、浅尾家には、更なる不幸が訪れる。

4年前のことだ。

なんと、浅尾美和さんの(当時17歳)が交通事故に遭い、亡くなってしまった


亡くなったのは事故から5日後。

息を引き取る直前、浅尾美和さんを含め、家族全員が病室の妹の下に集まっていた。

オウムに出家した実の母親を除いては・・・・・・。



いつも明るい笑顔を振りまいているその影で、浅尾美和さんは深い心の傷を負って生きていたのだ。

そうであるからこそ、ごく普通の、ありふれた、そして幸せな家庭に憧れていたのだろう。


ビーチバレー界を引退する浅尾美和

彼女が本当に幸せを感じられる人生は、これから始まる。





スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

村上 幸史 始球式 [スポーツ]

やり投げのオリンピック代表である村上 幸史


その村上 幸史は、かつてプロ野球の試合の始球式でボールを投げたことがあるという

その野球の始球式での村上 幸史のスピードが凄かったことから、始球式直後、ブルペン裏で村上 幸史の球速をスピードガンで図ったらしい


そして、村上 幸史が出した球速は・・・・・なんと142キロ

そう、やり投げの選手である村上 幸史がプロ野球の投手並みのスピードを出したのだ

近くで見ていたベイスターズの選手たちは、エース三浦大輔よりも速いと唸っていた


そういえば、室伏広治も始球式でスゴイ速球を投げたことがあるらしい

やはり、経験や技術よりも素質ということか?


まあ、そうはいっても室伏広治とは違って、実は村上 幸史にはやり投げの前に野球の投手をやっていた経験があるらしい


中学時代だ


子供のころから体が大きく、そして投げるボールもめっぽう早い

地元では、将来を期待された大型中学生ピッチャーだったという


ただ、難点はコントロール

とにかく、ファーボールが多かったらしい

いくら球が速くても、コントロールが悪ければ、野球は勝てない


で、野球に限界を感じたのか、村上 幸史は高校からやり投げ競技に転向したという

そして、その転向が大当たりだったというわけだ


今年、村上 幸史はやり投げ競技の集大成としてロンドンオリンピックに出場するという

是非ともメダルを獲得して有終の美を飾ってほしい


で、引退後は?

ベイスターズが首を長くして待っているのでは?





スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

室伏広治 彼女 モデル [スポーツ]

未だに結婚しない室伏広治

女子アナとかモデルとか、彼女がいるとの噂は数々聞かれるが、なぜか結婚に至らない


驚異的な身体能力を持ち、多くの伝説を残す室伏広治

その室伏広治の母はルーマニア人のセラフィナさんだ

室伏広治の父・重信さんは、室伏広治にオリンピックで金メダルを取らせるためにセラフィナさんと結婚したという伝説も残されている

そう、日本人ではなく、驚異的な身体能力を持つ外国人と結婚し、その母と自らの身体能力と合わせることによって、日本人には持ちえない超・身体能力を持った子供を作るために・・・・


そして、握力も、筋力も、走力も、遠投力も、他を寄せ付けないほどの身体能力を兼ね備えた室伏広治が生まれた

母・セラフィナと父・重信の遺伝子を受け継いだ伝説の男、室伏広治が





その室伏広治は父・重信さんを尊敬し、父・重信さんを目標にして生きてきた

だとすれば、室伏広治の結婚観も父と同じだ、ということが十分に考えられる


そうだ

彼女にするには女子アナでもモデルでも良い

室伏広治自身の女性の好みで選べばいい


だが、結婚は違う

子供の母となるべき女性は違う


遺伝子だ


驚異的な身体能力を持った女性の遺伝子が必要なのだ


そして、その条件を満たす女性は、子供の母となるべき女性は、まだ現れていない


おそらくは、そういうことなのではないだろうか?



しかし、だ


早く結婚してほしい


いや、必ずしも結婚はしなくてもよい


とにかく、子供を作ってほしい

それも10人くらい


ハンマー投げだけではない


野球界、サッカー界、相撲界、柔道界、水泳界、卓球界、マラソン界、競歩界、ヒップホップ界・・・・・・・・・・などなど、あらゆるジャンルで超一流となりうる素材が出てくるはずだ





スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - スポーツ ブログトップ