So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の3件 | -

松下ヨシナリ Wiki [ニュース]

突然の訃報が届いた。



レーシングレーサーの松下ヨシナリさんが事故死されたのだ。




⇒松下佳成さんの画像




場所は、イギリス王室属国のマン島。



アイルランド東部とグレートブリテン島の間のアイリッシュ海に浮かぶ島だ。



ここでは伝説のバイクレースが100年以上開催されている。






そのレースの名は・・




「マン島TTレース」





このレースは極めて危険なレースとして知られている。


何しろ、累計の事故死者数は200人を軽く超えている、というのだから。





この過酷なレースに果敢に臨んだ松下ヨシナリさん。






本当に、残念な結果となった。





松下ヨシナリさん。



バイクレース界では有名な方だが、


今回の事故で初めてその名前を知ったと言う人も多いでしょう。



「Wikipedia」にも出典がないくらいですから。




そこでWikiに代わって、松下ヨシナリさんのプロフィールを簡単にまとめてみます。





松下ヨシナリ(松下佳成)



1969年生まれの43歳。


身長 179cm


体重 72kg


出身地は東京。


居住地はさいたま市。


職業 オートバイレーサー、モータージャーナリスト、モデル、デザイナー、イベントMC、レースアナウンサー




などなど



本当に多彩な人でした。


残念でなりません。


心よりご冥福をお祈りします。








スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アポフィス ジュセリーノ [ニュース]

2036年に惑星が地球に衝突!!人類は滅亡するのか!?






以前から騒がれていたことだ。


2004年に発見された惑星アポフィス


地球近傍小惑星の一つでありアテン群に入る小惑星だという。



このアポフィスは太陽の周りを公転している。

323日に1回は地球の公転軌道上を通過するらしい。

つまり、アポフィスの軌道と地球の軌道が重なるのだ。

ということは、アポフィスが地球に衝突する危険性は理論的には有る、ということになる。



そして、衝突する可能性がある時期として2012年説や、2032年説などがあった。

が、今回NASAの発表によると、衝突の可能性があのは2036年だということだ。


さらに詳しく言うと、2036年4月13日

25万分の1の確率でアポフィスが地球に衝突するという。



25万分の1?


数字だけを見ると、ほとんど奇跡?というくらいに小さい可能性だと思う。


しかし、仮に起こってしまったら・・・・・・・・と思うと、やはりゾッとする。




ところで、ジュセリーノと言う人物をご存じだろうか?


この人の職業は英会話教師

ブラジル在住だそうだ。


それだけを聞くと、どこにでもいるような人物にも思えるが・・・・



しかし、このジュセリーノという男

なんと、予知能力があるという。

それも、はんぱないくらいに強力な予知能力らしい。


例えば、日本のサリン事件や、アメリカの911テロなども予言していたらしい。


本当なのか?とも思えるが、しかし、世界には実際に予知能力を持っている人物が少なからずいて、そして、このジュセリーノという男もその一人らしい。


で、このジュセリーノ

2036年のアポフィス衝突を予言している、というのだ。





恐ろしい・・・・・。

当たったら、テロどころではない。

一般人はもはや為すすべもない。



どうせそんな不吉な予言をするのであれば、ついでに衝突を回避する方法も教えてもらいたいものだ。





スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

半影月食 2012 [ニュース]

2012年11月28日

3年ぶりに半影月食を見ることができる!!



2009年に見られた半影月食から実に3年ぶりの2012年

そう、2012年の11月28日から29日にかけて半影月食が見られるという。


ところで、半影月食とは?


月食なら良く聞く。

月食とは、太陽と月の間に地球が位置することにより、地球の影が月にかかり、それによって月が欠けたように見えることだ。

この月食はさして珍しいことではない。


だが、月にかかるこの地球の陰は、実は2種類に分かれる。

それは本影半影


本影とは地球が太陽の光を完全に遮ってしまう陰のこと。


一方、半影とは、本影の外側に広がる影の事らしい。


で、半影月食というのは、月が地球の半影を通過する月食のことをいうのだとか。


なんだか、良く解らないが、簡単に言うと、月の一部が暗く感じられるらしい。

つまり、月が〝欠ける〟のではなく何となく〝暗く〟感じられるのだそうだ。





ん~

現象としては、あんまりパッとしたことではないんじゃないの?

まあ、実際に見ても、「今日が半影月食だ!」と意識して見ている人ではないと、多分、目に入っても見過ごしてしまう程度の事なのだろう。


だが、そうは言っても3年ぶり、という珍しい出来事。

そして、天文学的にも、観測する価値のある現象なのだろう。

とりあえずは、「今日は半影月食なのだから!!」といって、酒の肴にして飲むってのがいいんじゃないでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の3件 | - ニュース ブログトップ